「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

お風呂を最近はいらず、シャワーだけで済ませている方が多いですが、シャワーだけで済ませると、筋肉の緊張が取れず、関節の固まりが増えてきて、いわゆる身体固いという状態になります。お風呂に浸かるだけで疲労は全然、変わってきますので、私はおすすめします。

 

お風呂に入ることで、3つの作用を受けることが出来ます。

 

まずは、温熱作用が血管の血流を良くしてくれます。温める事で冷えて縮みこんでいた毛細血管などが開くことで、体全体の血の巡りが良くなります。

 

水圧作用こちらは、お風呂に入ることから使っている部分が水圧によりマッサージの様な効果を受けられると言うものです。こちらは、半身浴より全身浴の方が効果的らしいです。

 

そして、浮力作用です。こちらの作用はもうそのままの意味で、入ることで身体が浮くと言うもので、浮いて何の効果があるのか、と言うと、関節への負担が減らす事が出来ます。膝が痛い人がプールでもしっかり歩けるのは、浮力があるからなので、お風呂でも全身に浸かることで、それと同じ効果がもらえるので、3つの作用を考えても全身浴がおススメです。

 

温度としては人様々で、色々温度が違う事が多いですが、基本的に40度くらいが身体に負担をかけにくくなる入り方で、他の説などは高温のお風呂に入ることで、肩の負担が軽減したとの事で、これらは負担のポイントによっては、温度や効果も変えて方が良いのかもしれません。相性や体調に合わせてその日の疲れをしっかり流しましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP