「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は主婦の方や、手をよく使う方に多く見られます「腱鞘炎」・「バネ指」について書かせて頂きます。まずは、なったこともあるかと思います「腱鞘炎」。「腱鞘炎」とは主に痛みを感じる部位は手首の親指側です。腕の筋肉が働いて各指を曲げ伸ばしします。実際指に付着しているのは筋肉の先の「腱」と言う部分です。「腱鞘炎」指の使い過ぎにとって、親指を動かすための、長母指外転筋腱と短母指伸筋腱が通っている「腱鞘」が炎症を起こしてしまったり、腱自体の表面が傷んでしまったりします。もう一つ代表的なのが「ばね指」です。先ほどもゆったように腕の筋肉から繋がっている腱が指に付着しています。親指と同じように腱鞘を通っています。ベルトとベルト通しの関係を想像していただいたらわかりやすいかと思います。指や腕の使い過ぎによってその腱(ベルト)が腫れてしまい、指を曲げる際に腱鞘(ベルト通し)に無理やり入り込み無理やり出ることになりますので、その際の通過障害がばね現象で、痛みが生じてしまいます。こういった状態になってしまうと、腕や指を完全に休ませることが出来れば回復していくのですが、それがなかなかできないので治っていきにくいです。これらはただ使い過ぎではなく「使い方」に問題がある方がほとんどです。姿勢が悪く「猫背」になった状態で家事やパソコンをしていると、体や腕の疲れ方も全然違います。「腱鞘炎」や「バネ指」になってしまう方はかなり体に負担をかけている方ですが、身体の姿勢を整えて、疲れにくいお身体で動けるようにしていくのが根本施術ですね!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP