「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

この時期、寒さからせきやくしゃみがでることが多いかと思います。せきやくしゃみが体の負担になり、痛みがでてくることもあります。せきやくしゃみで痛めやすいのが腰です。せきやくしゃみでなぜ腰の痛みになるのかと言うと、せきやくしゃみの時は、空気を口から勢いよく吐き出しているのですが、勢いよく空気を出すときお腹回りの筋肉にグッと力をいれています。それにせきやくしゃみをするとき前屈みの姿勢になることが多いです。空気を吐き出すときお腹回りの筋肉に力を入れると筋肉は硬くなりせきやくしゃみの時に前屈みになることで急な腰の痛みにつながります。せきやくしゃみの衝撃の強さは、せきやくしゃみが続くと肋骨にひびを入れることがあるくらいの強さです。 腰の筋肉も衝撃をうけ続け、力を入れることが増えることで血流も悪くなり腰の痛みがでてきたりもします。腰の筋肉は背骨とくっついているのですが、硬くなった腰の筋肉が背骨を引っ張ることで姿勢を崩してさらに腰の筋肉に負担をかけせきやくしゃみがおさまっても腰の痛みが軽減されない場合もあります。せきやくしゃみから腰の痛みがでてくることもあるので、せきやくしゃみがおさまっても腰の施術もされた方がいいですよ。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP