「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は正しい寝方について書かせて頂きます!皆さまはどのような姿勢で寝ているでしょうか??仰向け、うつ伏せ、横向き様々ありますが、一番良い寝方としては「仰向け・大の字」です。仰向けの大の字が一番身体の負担にならない自然体です。ですが姿勢が悪い・歪みのある方は、仰向けで寝ると違和感が出ます。平均寿命が80年とすると、20歳の人は残り15年18年は寝る事になります。30歳なら13年から15年、40歳なら10年から12年・・・とこの膨大な時間をどのような姿勢で過ごすかでお身体への影響はかなり変わってきます。寝ている時間自体とても長く筋肉の緊張が起こりますので元々あった歪みや姿勢の悪さはどんどん悪化します。そこで工夫できることがあります。それは枕です。人によって筋肉量や背骨の湾曲具合は異なります。自身のお身体に合っていない枕や、枕を使わなかったりすると、疲れを作りながら睡眠をとることになり、睡眠本来の役割を果たせません。寝れば寝るほど疲れるという方はいらっしゃらないですか?そういった方はまず枕を工夫してみると変わるかもしれません。首の形は本来上向きで寝ると天井に向けてカーブしています。そこで枕がないと逆カーブになってしまいます。頭を上げてしまうほどの高い枕でも一緒です。逆カーブになると常に下を向きながら寝ているような状態です。疲れを取るために寝ることが出来ていない方は一度枕を変えてみてはいかがでしょうか??

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP