「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

こんにちは!肌寒い時期に入ってきましたね。これから環境の変化は身体の痛みだけでなく体調管理の面でも大切になってきますので大切にしていきましょうね。今回はなぜ緊張するのかという事を書かせて頂きますね。

 

緊張とはなにか英語でいうとテンションになります。漠然としらないと緊張してしまうことを悪く感じてしまうかもしれませんがなにも悪くありません。正しく理解してコントロールすることが大切になってきます。緊張してしまうのは三つの原因があって交感神経が優位過ぎることノルアドレナリンがですぎることセロトニンが足りない事が原因になるのですが一つずつ対策をお伝えしますね。

 

交感神経が優位過ぎる時は深呼吸が効果的なのですが間違った深呼吸は吸う事に意識を置いてしまっている事です。細く長く息を吐ききってくださいそうすれば自然とたくさんの空気を吸えます。

 

セロトニンとはなにか落ちつく脳の物質なのですがこのセロトニンという物質を朝の食事でセロトニンを作りやすくする食材があります、バナナです。セロトニンはトリプトファンとビタミンと糖質が必要なのですがバナナは全て揃っているのでお勧めです。

 

ノルアドレナリンが過剰に出るとはどういうことなのか脳の偏桃体というところで不安を感じると過剰に分泌されるのですが不安に感じさせない為に準備をしっかりとすることがたいせつになります。偏桃体は準備をしたという自信がのこり不安を抑えノルアドレナリンの過剰分泌を抑えてくれます。緊張のコントロールに悩まれていましたら一度ご相談下さいね。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP