「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

本格的な大型寒波の影響もあり、日々厳しい寒さがましてきていますがふくらはぎが冷たいときはありませんか?この身体が冷えてしまっていると体には大きな問題が起こることがあります。その身体からの大切なサインについてこんかいはご紹介します。

ふくらはぎにある筋肉は足に溜まりがちな血液を上半身に向かって押し返し、滞ってしまった血流を軽減してくれる「ポンプ作用」という機能があります。ですがこの機能はふくらはぎの筋肉はひえすぎたりすると本来の柔軟な伸縮性などが失われてしまい機能が低下してしまいます。この状態がふくらはぎで長時間おきてしまうとどうでしょう…

ポンプ機能が低下し下半身に血液が滞ってしまいます。次第にその血液が寒さで皮膚をとおして間接的にひやされます。そしてその冷やされてしまった血液がゆっくりと上半身にかえると多くの内臓を冷やしてしまうことになってしまい内臓脂肪がつきやすくなったりと、内臓の機能を低下させてしまいます。もちろん強いむくみの原因になります。

当院では負担が大きくなってしまうふくらはぎの施術もおこなっておりますのでお困りの時際は1度ご来院ください。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP