「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんこんにちは、寝屋川市駅付近のベル大利商店街の中にあります、寝屋川駅前整骨院です。今回のテーマはふくらはぎと血液の流れについてです。人の回復力には大きく血液が関係しています。血液の流れが悪い状態というのは、体は回復したい時に十分に回復出来ない状況を作ってしまう事になります。そこにふくらはぎの筋肉が影響しますので、今回はそこの関係を書いていきます。

 

皆さんは朝一番から、体が重い感覚や倦怠感などを感じた事はございますか?本来ならば寝ている間に使った分だけ回復して、明日に備えることが出来るものです。しかし血液の流れが悪い状態でしたら、疲労物質が蓄積されていき朝スッキリ起きる事ができないという状態になってしまいます。

 

ふくらはぎの筋肉がどう関わってくるかといいますと、ふくらはぎは第二の心臓とも言われています。しかし運動不足などによってふくらはぎの筋肉が使われない事が続きますと、足に降りて行った血液がしっかりと体の方へと戻っていきません。足には重力の作用も加わり、どんどんと疲労物質が溜まり、更に血液循環が悪くなる悪循環が出来てしまいます。特に疲れが抜けにくくて、運動不足が当てはまる方はウォーキングから始めてみて下さい。

 

当院では色々な悩みを抱えた方がいらっしゃっていますが、一人一人にあった指導をして楽になっていただいています。お身体の事で悩んでいらっしゃる方は一度ご相談下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP