「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

ジャンプ動作が必要となる運動でバスケットボール、バレーボール、ハンドボール、陸上競技などがあります。そのときに痛めやすいのが膝です。ジャンパー膝という名前がつくので跳躍で使われる筋肉が傷められる症状です。今回はそのジャンパー膝について書いていきます。

跳躍の筋肉で大腿四頭筋と言う筋肉があり、その筋肉が繰り返し使われると膝のお皿の部分ちお皿をつないでいる人体に負担がかかって起こります。15歳以降で発症するので、運動を始めた社会人などにも多いです。

ジャンパー膝は、もしなってしまったときは基本的には安静やストレッチ、テーピング、サポーター、温めるなどの施術が一般的となっています。症状がまだ、軽い時はストレッチの併用でスポーツ活動の継続が出来ます。ただ、進行していくとジャンプ動作の制限やスポーツを休まないといけません。こちらの症状がもっと強くなって治りの見込みが見れない場合は手術も必要となってきます。

社会人になって、運動を始める方や、もともとやっていた運動を継続して行っていく方はこのジャンパー膝になってしまうと、お仕事にも影響が出る可能性もあります。ですので、運動前のストレッチはきちんと行って、予防していきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP