「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回はトレーニングと身体作りについてです。みなさん誰しもが一度は筋力トレーニングをしたことがあると思います。なぜ筋力トレーニングをすると筋肉がつくのか?まず筋肉がつくというよりも、筋肉が太くなるという表現のほうが正しいのかもしれません。

筋力トレーニングをすることにより、筋肉の繊維は壊れそれを修復していく過程で筋肉は以前よりも太くなります。トレーニングはすればするだけ、筋肉は壊れていきます。もちろんハードなトレーニングほど筋肉は壊れます。ただ重要なのは壊すだけではだめだということです。筋肉は壊れた後しっかりと修復することにより大きく、太くなります。筋肉にも休養が必要なのです。

筋肉の修復には栄養が必要です。とくにタンパク質は重要になります。一般的にトレーニング後の30分間はゴールデンタイムといわれ、栄養摂取に最も適した時間だといわれています。しっかりと栄養をとることも筋力トレーニングの一環だということです。筋肉の成長には食生活も重要となり関わってきます。あと睡眠時間も重要だとか…睡眠の関係性についてはまた紹介させてもらいますね。

これから冷えてきてケガが多くなる季節です。トレーニング後はしっかりと身体のメンテナンスは行いましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP