「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

そろそろ秋へと移り変わっていく季節となりましたが、皆さんは冬に向けての準備は出来ていますか?何の準備かと言いますと、冬場に体が緊張してしまって筋肉の柔軟性が失われていくことを防ぐ準備です。一般的に人は10代のころと比べて歳を重ねるごとに筋肉が自然と持つ水分量が減少する傾向があります。この水分量の低下がストレッチをいくらしても体が固いままだとか、何もしてないのに体の疲れが取れない…などに繋がるのです。特に冬場は体を動かす機会が減ってしまいがちなので、その準備を今のうちからしておくことが大切になります。

では、どのようにすれば体の柔軟性を身に付けることができるでしょうか?体の柔軟性を身に付けるには環境とやり方をしっかりと意識してすることが重要です。

環境としては、体の基礎代謝が高い時が良いでしょう。簡単に言えば、運動後や入浴後、食事後など体温が上がる時を狙ってするのが良いでしょう。また、やり方も素早く動かすのではなくじっくりと時間をかけて行いましょう。一度伸びる所までしっかり筋肉を伸ばしてもらい、筋肉が限界だと思ったところで5秒ほどキープします。そしてそのまま少し限界を超えるように伸ばすのです。不思議なことに体は少し伸びるのでこれを繰り返してあげるといいです。もともと体は100%使い切るようには出来ていないので、このように普段伸びきらないところをしっかりと伸ばす事が柔軟性を作るうえで重要です。

寒さが訪れてしまう前に、しっかりと体のメンテンナンスとして筋肉を柔らかくしていきましょう!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP