「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

体温は2つに大きく分ける事ができます。1つ目は「体表温度」2つ目は「深部体温」この2つに分ける事が出来ます。

1つ目の「体表温度」は文字の通り体の皮膚の近くの体温の事をさします。皆さんも風邪を引いた時に脇の下で体温を測ると思いますがこのときに出る体温が体表温度です。2つ目の「深部体温」とは体の内臓などの部分の体温の事をさします。この2つのなかで体にとって重要になってくるのが「深部体温」です。

この深部体温は前述したとおり内臓の温度のことをさしますのでこの体温が低いと代謝も下がり、倦怠感や疲労感などの不定愁訴の原因ともなります。これからの季節によく起こるものとしては「夏バテ」が起きやすくなってきます。夏バテの大きな原因は代謝が下がる事により免疫力や疲労感の残存が続き、体力が徐々に奪われることにあります。夏は冷たい食べ物・飲み物が美味しくついつい飲み過ぎ食べ過ぎてしまいますが、過度な量を摂取してしまうと「深部体温」が下がるので注意が必要です。

普段から適切な運動と睡眠をとり、バランスの取れた食事を心がけましょう。特に「生姜」などの体を温める効果のあるものを定期的にとり「深部体温」の低下を予防していきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP