「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

偏平足とは足の裏に土踏まずがなくなっていて、まっ平らな状態になられているのを偏平足と言います。まず、人間は誰しも生まれた時は足の裏が土踏まずがなく、まっ平らな状態で生まれてきます。そこで成長するにつれ、土踏まずが徐々にできてきてます。しかし、先天的な遺伝によって偏平足になる人と、足の筋肉量、靭帯の強度が関係し、後天的に偏平足になる方と分かれると言われています。特に近年では外で遊ばない子供が増えてきているので、足の力が弱くなって、後天的に偏平足になっている方が増えている傾向であります。その偏平足になると常に足に負担がかかる傾向であります。歩くと疲れやすく、足が隊くなったりします。今回はその偏平足の軽減法を書いていきます。

 

まず、これは偏平足だけでなく、外反母趾予防にもなるのですが、足の筋肉をつけるために足指でじゃんけんをします。やり方は簡単です。グーの時は足の指を全て内側に曲げます。チョキは親指だけを上に上げて、他の4本の指を下に下げます。パーはすべての指を横に開くようにします。実際やってみるとこれができない方がおられます。ただ、あきらめずに続けると、足の筋肉がかなりつくので、しようとするだけでも偏平足を軽減させれます。また、良ければお試しくださいね!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP