「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

冬は乾燥の季節。肌の乾燥対策はしていても、「身体」の乾燥の対策はしていますか?冬はなんと、脱水症状のシーズンなのです。俗に【かくれ脱水】などと呼ばれています。その症状とは最初は、口の中がネバネバになったり、身体のだるさなどを感じます。この状態を放置してしまうと、食欲不振やめまいなどが起こります。最悪の場合、脱水が進み過ぎ血液中の水分まで少なくなりドロドロとした血液になり脳梗塞や心筋梗塞になってしまう危険性も伴っています。

夏場の脱水症状は主に「発汗」が原因でなります。しかし冬場は、不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といわれていますが、皮膚や粘膜、呼気などから知らず知らずのうちに水分が失われます。この不感蒸泄が原因で脱水症状を引き起こしてしまうのですが、より詳しく原因を知っておきましょう。冬の脱水症状「不感蒸泄の原因」人間の身体にとって快適な湿度は50~60%です。しかし、冬の湿度は50%以下になってしまいがちです…特に現代では、住宅の気密性が良くなったことや暖房器具の使用などにより屋外に比べて湿度が10~20%低下する傾向がありますので、さらに不感蒸泄は増えてしまいます。それと、冬場は特に「水分補給」という意識が、寒さなどで夏に比べて少ないのでしっかりとケアをしておきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP