「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

かなり冷え込んできましたね。寒くなってくるとお身体の状態が悪くなりやすく、「痛み」が出やすくなってきます。何故「冷え」がそこまでお身体に影響するのか、説明させて頂きますね。一つはまず皆さまご存知かとは思いますが、筋肉が伸び縮みして体は動かされます。「冷え」によって筋肉が緊張状態になってしまいその「伸び縮み」がスムーズに出来なくなってしまいます。スムーズにできない状態で動かしてしまうので、ぎっくり腰などのように筋肉を痛めてしまいます。そして、足の筋肉の役割なのですが、心臓から全身に血液が行き渡っていきます。そして「ふくらはぎ」のポンプ作用で心臓に血液を送り返します。「熱」は化学的に上に上に上がります。ですので、寒い日やクーラーで冷えた際は足の働きは悪くなりやすいです。ですのでそのふくらはぎの「ポンプ作用」の働きが悪くなります。それは全身の血液循環が悪くなるという事を意味します。ですので普段からもそうですが、足の筋肉の緊張を取り除くこと・冷やさない事はこれからの時期はもっと大事になってきます。よって腰や肩が痛いから「足の冷え」は関係ないと思われている方もいらっしゃると思いますが、それは違います。冷えは本当に体にいいことは一つもないです。冷えないように気を付けてくださいね!!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP