「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

古傷を持っている人がたまに雨の日に「雨の日は古傷が痛むぜ」や「古傷に響くぜ」は、冗談ではなく本当に響きます。大体古傷を指すのは関節周りの傷の方が想像しやすいかもしれませんね。例えば多いのが膝だったり、腰だったりしますね。

 

何故雨の日かと言うと。気圧の変化が大体多いことが分かっています。古傷と言っても外傷ではなくてこの時の古傷は、急性の外傷で起きた筋肉のケガを指します。

 

この古傷は、大きなケガなのかおそらく症状がマシになったころに、筋肉が緊張しながら治ったのかもしれませんね。ただ、雨などの影響で気圧の変化が起きると、古傷の血液の循環急に良くなったり、痛み成分が活発に働いて、起こると言われています。この場合の気圧は低気圧のことなので、雨が降らなくても少しは天気予報を見て対策をしとくのもいいかもしれませんね。

 

痛みが出た時の対策としては、痛み成分はほっといても血液の循環などで、再び吸収されて問題なく終わったりもしますが、お風呂などで体を温めてあげると血液の循環が早くなり、痛みが引くスピードも上がるので痛みが出やすい人はやってみてはいかがでしょうか。

 

冷やすことでマシになると言う方は、恐らくその部分が炎症を起こしている可能際がありますので、その時は当院でしっかりと診させていただきます。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP