「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

季節の変わり目で、咳を多くされる方が増えてきました。咳をすることで増えるのが肩や首の筋肉に伝わる衝撃による痛みです。

何故咳で痛みがでるかと言うと、一回の咳やくしゃみでは、健康な体には影響は出ませんが、繰り返して行う事で、徐々に体自体に衝撃が響き気付けば体にしんどさが出ていたり、人によっては痛みも出る可能性があります。

実際、ぎっくり腰で来られる方は、普段から腰の痛みか腰のダルさを持っている方で、くしゃみの衝撃でなった方もいらっしゃいます。他にも咳の繰り返しにより徐々に骨にその衝撃が伝わり、骨自体が疲労をため込んでしまい骨にひびや折れたという話もあります。それだけ咳とくしゃみには体に対して衝撃を与えるものなのです。

まずは咳に対しては、しっかりとした予防がありますのでそれをしていく事が大切です。まず、第一にうがいです。これは今も昔も変わらない予防法です。これだけで保湿や殺菌、喉の乾燥を防いでくれます。他にも適度な水分補給、はちみつを食べるなども喉の保湿に繋がります。

普段から出ている咳でも人によっては強い衝撃で骨が折れる可能性があります。これを調べた時は、高齢者かな?と思いましたが、なられたのは30代の女性。年齢は関係ありません。咳が続いて体に異変が出てきらまずは検査をし、咳も止まらない場合はかかりつけの所で必ず相談してください。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP