「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

夏も近づき、汗もかきやすい季節になってきましたね。昔から汗を搔いたら水分を補給しましょうと言われていますが、ここ最近は細かく言うと実は水分だけではいけないことが分かっています。

それは汗とともに流れてしまうナトリウム、そう塩分の事です。塩分が減ればどのような事が起こるかと言うと、自分の身体の中に保存しておける水分量が減ってしまうのです。

塩分は身体の水分を貯蔵できる働きもあり、汗を搔いたら摂取した方がいいのですが、仮にせずに、純粋な水分だけを補給し続けると、身体の汗が出やすくなり、身体の中の体液が薄くなり、運動機能の低下などにも繋がります。

汗が出過ぎたりしていると、脱水症状に繋がり、そこから汗が止まると、熱中症になりますので、水分と一緒に塩分も摂取しましょう。

そして、仮に塩分と水分だけでは、水分補給をしたくない方は、ご一緒に糖分を摂取するのもいいですよ。糖分は身体に吸収されやすいので、水、塩、砂糖、この三つを配合したものがおススメです。これが所謂スポーツドリンクですね。

他にも現在は塩飴や塩タブレットと比較的水分じゃない方がドラッグストアなどで、販売もされていますので、それと一緒にミネラルウオーターで手軽に摂取するのもおススメです。

ちなみに私は塩タブレットを摂取しながらインドアスポーツをしますが、しょっぱい感じはほぼせず、おいしく食べられるので、塩飴より塩タブレットをお勧めします。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP