「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

夏の暑さで、困るのが汗だと思います。暑い場所や湿気の多い所などにいれば、汗をかくのは間違いないでしょう。汗は体に存在する水分が皮膚から分泌される現象です。汗と言うのは火照った体を冷やす効果があります。夏のように気温が高い環境で汗をかくのも火照った体を冷やすためです。

汗をかきすぎると体の水分と一緒に体の塩分も一緒に出て行ってしまいます。何故汗がしょっぱいかと言うと、体内に存在している塩分も一緒に出て行ってしまっているからです。体にとって塩分は水分を体に蓄える力があるのです。汗をかきすぎて塩をなめた方が良いや、梅干しを食べた方が良いと言われるのは、塩分を摂取する事で水分を体に蓄えておけるからです。しかし、塩分を摂り過ぎる事でむくみを作る原因にもなりますので取り過ぎにも注意です。

そして、塩分は体に水分を蓄積させる効果はありますが、体に効率よく水分を吸収する効果はありません。そこでやはりお勧めなのがスポーツドリンク。スポーツドリンクは塩分もそうですが、糖も含まれており、この糖が腸から水分を効率よく吸収させてくれる効果があるのです。水分だけ摂取しても体の塩分が少なくなると、体のどんどん水分は汗などで失われていきますので、効率よく塩分と糖を摂取していきましょうね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP