「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

長時間歩いていると足の親指が痛くなってきて、足裏にもタコが出来てしまう。。。これってなんだろう?と思いますよね。もしかして、これって外反母趾と関係しているのではと思って、検索をして当てはまることも多々あります。この外反母趾を自力で治す方法が実はあります。今回そちらを書いていきます。

 

外反母趾とは親指がくの字に曲がっている状態をイメージしている方が多いと思います。それで間違いはないですが、角度が20度以上になると外反母趾になります。みなさんも計測してみてください。

 

それでは簡単にできる外反母趾のストレッチを書いていきます。方法は3つです。1つは青竹踏みです。1分~1分30秒を毎日行います。足裏にある親指の付け根からかかととの間にある筋肉を緩めることを目的とします。これが出来れば足の角度の悪化を予防できます。2つ目は足の指を回すことです。時計回り、反時計回りを1分~1分30秒毎日行います。ポイントは足の甲の真ん中くらいから大きく回すイメージで行ってください。3つ目はスネをもみます。1分~1分30秒行うのですが、ハンドソープなどを使うとやりやすいです。上から下に流していくようにマッサージをすることです。もちろんこのときに痛みを感じたらお身体によくないので控えてください。この3つをできる限り毎日続けられると軽減されますのでお試しくださいね!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP