「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

寝ている時に大事なことは呼吸です。みなさん、寝ている時は思っているより呼吸が出来ていないことが多いです。無呼吸症候群であったり、いびきをしてしまうかたも多いです。今回はなぜ、寝ている時の呼吸が大事なのかという事を書いていきます。

まず、人は全身に血液が流れています。血液が流れているので、栄養分、酸素を身体中に送れます。その血液が流れているので、疲労を回復させたりなどの効果があります。血液の流れを安定させるのは、水を良く飲んだり、身体を温めたり、生姜、高麗ニンジンなどを摂取したりといろいろありますが、その中でも呼吸が含まれます。呼吸は生命維持活動としてしなければ、命の危険性があります。そして、呼吸ができているだけで、ちゃんとした呼吸をしていなければ疲労ももちろん回復しません。では、この呼吸を安定させるためにみなさん、腹式呼吸などよく耳にするとは思いますが、寝てるときまでは意識はできてないと思います。

寝てるときの呼吸は意識が出来ないので、どうすればいいのか?これは寝ている時の姿勢で治せます。枕が高い方は猫背になり、気道が圧迫されて正しく呼吸できていないことが多いです。当院では正しく寝れるための枕を首に合った高さで計測できます。起きた時にも疲労をため込んでいる方は是非ともお試しください。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP