「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

手首の使い過ぎで炎症を起こして痛みが出ることも結構多くあります。デスクワークだったり、調理だったり、いろいろ手を使うことが日常生活でも多いかと思います。お仕事でも家事でもどうしても使う場所なので痛めている方が多いのが現状です。ですので、今回は手首の使い過ぎによっての痛みについて書いていきますね。

 

まず、指は曲げ伸ばしの動きが基本的な動きとなってます。この曲げ伸ばしの繰り返しによって手の中にある腱鞘という部分に炎症が起こる事で痛みが出てしまいます。では、その症状が腱鞘に炎症が出ているかどうかを確かめる方法があります。

 

こちらは、親指に対して有効な方法なのですが握りこぶしを作ります。その握りこぶしに親指を巻き込みながら、手首を下に向けて、曲げると手首の部分に痛みを感じると腱鞘に炎症が起きている症状です。

 

腱鞘の炎症が起きると、基本的には安静にしないと症状が無くなりにくいのですが、腱鞘の炎症が起きた方は基本的に手首を良く使う環境だからこそ、痛みが出てしまいます。そんな方たちに向けて、当院ではテーピングの施術を行ってます。テーピングをすると使い過ぎても負担を軽減させることが出来ます。ですので、手首の痛みが気になるようでしたら当院までお越し下さいね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP