「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

高齢になるほど、増えてくるのが認知症です。認知症というと、アルツハイマーなどを答えてくれる方もいるでしょう。それ位今、認知症と言うのは一般的に多い症状になってきています。予防としては脳を衰えないようにしていくことなんですが、まず一つとしては、歩行が大切になってきます。

歩行や運動はすることによって、身体の血液が巡りやすくなり、脳の記憶をつかさどる器官に十分な栄養が行くことで、防げるという事です。

ある文献でも普段から15分歩行をおこなっている方と寝たきりの人だと、毎日15分歩いている方の方が、認知機能が優れているとのことです。

15分歩行するだけで、認知症が防げる可能性があれば、日常的にやはり動けた方が、認知機能は下がる事は少ないと思いますので、足が痛い方や、腰が痛くて歩けない方は、しっかりと施術して、動けるような状態にした方がいいかもしれませんね。

歩行中姿勢で痛くなって嫌になると言う方は、整体を行い、背骨を真っすぐにして歩行を行うのもいいかもしれません。

予防に悩まれている方、家でじっと考えるより、まずは身体を動かすのをお勧めします。

 

歩けない方を介護されている方は、別の方法があります。

関節を動かす事、皮膚をさすってあげる事で、血流循環が良くなりますので、手や足をさすったり、関節を曲げ伸ばししてあげると良いでしょう。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP