「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

歩行中に足が外に向いて歩いてしまい気になっています。と言う利用者様がいらっしゃいましたので私なりに書かせて頂きます。

 

生まれながら股関節や膝関節の影響で起こる事もありますが、多くは姿勢と深く関わりがあると言われています。原因としては姿勢不良です。

 

前かがみ姿勢いわゆる猫背の状態では、座っている時、立っている時、背中が丸くなります。すると骨盤は後ろに倒れてしまいます。骨盤が後ろに倒れてしまうと股関節の形状上外側に捻じれるように開いてしまいます。更に悪い姿勢が習慣になってしまうと靭帯が緩んだり、足の内側と外側で筋肉の強さのバランスが崩れてしまいます。特に注目されるのが内転筋と、外転筋と言う筋肉です。

 

内転筋は走る時に良く働く筋肉、股関節を内側に閉じる働きがあります。外転筋は歩くときに働く筋肉で股関節を外に開く働きがあります。

 

当院の施術としてはまずトリガーポイント療法で筋肉自体の伸縮性を獲得します。筋肉の柔軟性がでてくれば重心の左右差や身体の血流も良くなります。その後ストレッチ指導などもしっかり行っております。

日頃から身体のダルさや痛み出始めたり、強い痛みがすでにありどうしていいか分からない方は当院に何でもご相談下さい。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP