「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆様よく天気予報で気圧という言葉を聞いたことがあると思います。普段何気なく聞いていると大して気になりませんが、よくよく考えると気圧についてよく知らないというお言葉がありましたので、お伝えしますね。気圧とは空気の圧力のことですが、大気が存在するからこそ得られる現象で、宇宙にいけば大気が無いので気圧と言うものは存在しません。気圧のほかには水の圧力が「水圧」、油の圧力が「油圧」等、私たちの身の周りではいろんな物質の圧力が利用されています。

日頃私たちはあまり意識しませんが、空気にも重さがあって地上に近いほど空気の重さにより圧力がかかっているのです。これが「気圧」と呼ばれるもので、当然高い所だけに行けば行くほど空気が軽くなるので気圧もそれだけ下がります。気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。自律神経には交感神経と、副交感神経があり交感神経は血管を収縮させ、心拍数をあげて身体を興奮させる働きがあります。一方、副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きがあります。この交感神経と副交感神経がうまく調整できていないと、体調不良の原因となってしまうのです。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP