「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

そもそもむくみとはどういうメカニズムなのでしょうか?むくみとは「浮腫(ふしゅ)」とも言い、日常生活でよく見られる症状の1つです。私たちの身体の約60パーセントは水分で構成されていますが、そのうち3分の2は細胞内に含まれています!

残りの3分の1は血液など細胞外に存在し、そのほとんどが細胞間液と言われているものです!この細胞間液は全身を巡り、細胞に酸素や栄養を運んでいるのです。そして老廃物を取り除いた後に血液と一緒に心臓に戻り、また全身に送られるというサイクルを日々繰り返しています。むくみは、この細胞間液が上手く血液にもどらない場合に起こります。もしくは筋肉のポンプ作用の低下によって血液の循環の流れが悪く滞った場合、また身体に水分をため込んでしまった場合が考えられます。

重力により細胞外液は下半身に溜まりやすい傾向があります。通常の場合は心臓から送り出された細胞外液は上半身から下半身に運ばれていきますが下半身に溜まった細胞外液は重力を受け続けているので下半身から上半身に戻るためにはそれを助ける働きが必要です。細胞外液を心臓に戻すためのポンプ役となるのがふくらはぎです。ふくらはぎの筋肉は歩いたりする時はもちろん下半身に溜まりがちな水分を心臓へ戻すための重要なポンプの役割もになっているのです。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP