「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は湿布の事について書かせて頂きますね。みなさんもどこかにしんどさやだるさがでてきて湿布で様子をみるなんて対応をしたことが一度はあるのではないでしょうか?湿布で対応することも大切な対応になるのでどんな役割があるのか知っておくとより楽になりやすいかなと思います。

 

まずは温湿布と冷湿布の違いですがほぼほぼ同じ成分なのですが一つだけ違うのは冷たく感じるメンソールの成分かトウガラシの温まる成分の違いなのです。湿布の対応で一つ注意が必要なのははっきりと痛めた怪我の時には冷湿布の方が良いという事です。怪我をしたときに温め成分で温めてしまうと炎症反応も強くでてしまいますし痛みも強く感じるのでここだけは注意が必要です。

 

湿布はあくまでも対応策で解決策ではありません。当院の筋肉の施術は深い所の筋肉を施術していくのですがここは湿布では良くならないところになります。深い所の筋肉に取りきれない負担が溜まっていくので深い所の筋肉を施術しています。

 

取り切れない負担は全身の筋肉の施術とB&M背骨歪み整体でメンテナンスしていきましょう。変わらない痛みに悩まされていましたら一度ご相談下さい。そして必ず楽に日常生活や仕事に気持ちよく戻れるように助けにならせて頂きますね。崩れた身体のバランスを整えていきましょう。

みなさんのご来院を心よりお待ちしています。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP