「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

急激に暑さが増してきていますが、そんな暑い時に起こりやすい症状について今回はご紹介していきます。暑さにより身体に熱が籠り始めるとまずは多量の発汗がでてきます。この発汗による気化熱の作用により身体を冷やそうとします。それでも体熱が籠り続けた場合筋肉の痙攣やめまい、吐き気、倦怠感、頭の痛みなどといった、皆さまもよくご存じの熱中症の症状がでてきます。この熱中症の症状の引き金になるのが身体の熱の籠り方と体液(身体の水分)の塩分が過度な発汗により減少することに症状が出現してしまいます。

この熱中症の予防にはスポーツ飲料の定期的な摂取や塩分の補給、水分の補給などが有効とされていますが、これはあくまで予防にしかならず、症状がでてしまってからでは少し手遅れになる時もあります。ではそんな時はどうすればいいのか?

等張水(生理食塩水)をすみやかに飲む事をおすすめします。なぜならこの等張水というのは身体の中の水分(体液)と等しい濃さなので飲んでから体内に吸収されるまでの時間がとても短くすぐさま症状の軽減のきっかけになるからです。

これからの季節にはたくさんの身体の負担が増えるきっかけがありますので十分に注意していきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP