「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

こんにちは、今回は夏に起きやすい熱中症について書かせて頂きます。そもそも熱中症とはどういった症状かご存知でしょうか。熱中症とは簡単に言い表すと、高温多湿な環境にいると、私たちの身体が適応できないことで起きてくる様々な症状の総称です。特徴としましては、高温環境の下で起きるめまい、一時的な失神、顔面蒼白、また熱疲労を起こす事があります。熱中症の原因は、熱い室内にいる時や運動などで体温が上昇して体温を調節する機能のバランスが崩れて、体内に熱が溜まり体温が上昇した場合、人の身体というのは適度な体温を維持するために、勝手に汗をかいたり皮膚温度を上昇させたりして体外へと放出します。この機能が損なわれることで熱中症という症状が生じます。暑い環境下にずっといると、水分が失われ辛くなってきます。この時の対処方法としましては、涼しい室内に移動する事、また水分をたくさん取ることです。汗や尿などで自分が思っている以上に身体の中から水分が出ていきます。その時に水分をしっかりと取ることが必要になってきます。しかし、水だけでは足りないです。水と塩分を取ることによって少しずつ身体の方も落ち着いてきます。なので、喉が渇いたと思った時は水分補給を心がけましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP