「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は怪我(痛みが出た時)の応急処置の方法をご紹介します。怪我といっても痛み方や痛む場所などによりどういう風にすれば良いのか皆さんはしっかりと知っていますか?

まず怪我をした直後の処置としてはRICE(ライス)処置という鉄則があります。これはR「レスト(休息)」「アイシング(冷やす)」「コンプレッション(圧迫)」「エレベーション(挙上)」という4つのことを指します。これは基本的な怪我・痛みが出た時の処置の仕方なので覚えておいて損はないです。まずできるだけ患部を安静にし、氷・水などで患部を冷やしタオルや包帯などで患部を血液が止まらない程度に圧迫し、心臓より高い位置にしておく。これが誰でもできるかつ怪我の回復を左右する初期処置となります。

長々と説明しましたが、1安静にして冷やす。2患部を圧迫し高く上げる。この2段階と覚えておきましょう。ただなかなかこのすべてを常にできるかというと難しいので安静と冷やすことだけでもいいので実践しておきましょう。

誤って患部を温めたりなどすれば痛みが増したりするときもありますので変に考えず痛みが出たらとりあえず冷やしてみましょう。そして、大丈夫とは思わずに小さな痛みでも早期のうちから施術などを受けていきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP