「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

基礎代謝をあげるには有酸素運動がよく良いと言われていますが、実は無酸素運動が基礎代謝を上げる為に大事な運動になります。今回は有酸素運動と無酸素運動の違いを書いていきます。

まず、有酸素運動とはウォーキングやマラソン、水泳などで酸素を多く取り込みながら行う運動の事です。弱い負担を継続的に筋肉にかけ続ける事でエネルギーを蓄えている脂肪を燃焼させることが出来ます。

つづいて、無酸素運動とは筋トレや短距離走などの激しい運動を言います。激しい運動を行っている時は息を止めたり、息を大きく吐いたりして運動中は酸素を取り込む事をあまりしません。筋肉自体が鍛えられるので基礎代謝の量が増えます。

実は痩せるのに大事なのは基礎代謝量を増やす。無酸素運動が大事になってきます。この基礎代謝量を増やすと摂取したカロリーを燃やしてくれるための力になります。そのため、基礎代謝量を増やす筋トレが効果的といえます。

もちろん、一番は有酸素運動も無酸素運動もどちらも行うのが一番ですが、無酸素運動だけですと、そこまで時間もかからないのでとてもおすすめです。ただ、習慣づけたり続ける事が何より大事ですので、根気よく無酸素運動も続けてみて下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP