「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

だんだん温かくなると朝は起きやすい反面、日中や昼間が眠気に襲われやすいかと思います。そんな眠気を吹き飛ばすやり方があります。

まずは耳を引っ張る。耳は引っ張られると当然痛いですが、自分で引っ張る分は少し痛くても我慢できると思います。この引っ張りを上や下、横、軽く捻ってみたりを各数秒くらいすると言いです。ある程度の刺激が、眠気を吹き飛ばしてくれるので仕事中や身体を動かして眠気を吹き飛ばせない時にオススメです。

他にも現代ならではの方法になるのかもしれませんが、スマホやパソコンのブルーライトを見る事も有効かもしれません。ブルーライトは夜など長時間見る事で、目に刺激が強すぎて、不眠などにもつながると言われていますが、しかし場合によれば朝や昼間にブルーライトを浴びる事で、眠気が飛ぶので良いのかもしれません。しかし、ずっと見ていると目も疲れてきて逆に疲れが溜まってしまう可能性もありますので、ずっと見る事はお勧めしません。

眠気がある時は、これが一番身体にいいのかもしれませんが、仮眠をとることが良いかも知れません。仮眠と言っても爆睡すると身体が起きにくいかも知れませんので、10~15分を目安にした方が良いです。他にも寝る前にコーヒーやカフェインを摂取することで、スッキリ目が覚めると言われていますので、仮眠をとってすぐ何か事をする時はいいかもしれませんね。

これから春の陽気と眠気と戦う季節になってきていますので、皆さんしっかりと対策していきましょうね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP