「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

トレーニングの筋肉痛と風邪をひいた時の筋肉痛は別物とはっきりと認識したことはありますか?この二つは痛みにおいては同じ部分なのですが、良く調べると痛みが一緒なだけで原因には異なった理由があるのです。

トレーニングにおいて起きる筋肉の痛みは、激しい運動による筋繊維の破壊の回復糧にて筋肉の痛みとトレーニング中に使われるブドウ糖によるものと言われています。ブドウ糖はトレーニングの際、燃焼させながら使われているのですが、この時に不完全燃焼になったブドウ糖が筋肉に貯留してしまう事で、血管の圧迫などをしてしまい、倦怠感などを引き起こしたりします。このような状態から風邪の症状と似ているところもあります。

一方風邪は、ウイルスや菌などを死滅させるための働きで、筋肉の代謝による熱でウイルスや菌をやっつけますので身体が倦怠感が出て、抗体を使っての体外から侵入した敵をやっつけた際に、痛み成分が発生します。

このことから筋肉痛と風邪をひいた際に筋肉の痛みは別物とお分かりいただけるかと思います。ただし、回復に対しての促しは両方とも同じで、身体を温める事が大切です。温める事で筋肉の緊張は緩和し、ウイルスや菌は熱に弱いので温める事は身体の働きを助ける結果につながり、倦怠感もスッキリすると思われます。

場合によっては冷やさないといけない事もあるので、温める時は気持ちいい程度にしてくださいね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP