「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

冷え性は筋肉量でカバーもできます。筋肉は質を良くするためにストレッチをする方が多いですが、まず一番大事なのは質より量です。小さい筋肉の質が良くなったとしても筋肉量は少ないままなので、筋肉自体大きく動かないですし、その筋肉を使い続けていると、そもそも量が少なくすぐに疲れてしまいます。結果その疲労が筋肉の中の血液の流れを悪くして冷えに繋がり痛みに変わります。今回はどの部分の筋肉を増やすことが大事なのかを書いていきます。

 

まず、身体筋肉の中で最も代謝を上げてくれる筋肉は体幹の筋肉です。いわば、深部側の筋肉でインナーマッスルとよく言われる所です。そして、深部側の筋肉を増やすと、浅層側の筋肉も増えやすくなります。ですので、まずは、深部側の筋肉を増やすことが大事です。主に体幹のトレーニングはうつ伏せになってつま先立ちをして、肘を地面に着けると言う基本姿勢で、十分についてきます。そのままの姿勢で毎日30秒から1分続けて行くのが好ましいです。

 

筋肉の量が増えると筋肉の質が悪い状態で増えてしまう事があります。私たちがさせて頂いている施術は深部側の筋肉の施術で、筋肉の質を良くする事が出来ます。ですので、体幹トレーニングを始めたかたや、すでにされている方は是非当院までお越し下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP