「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

肋間神経痛とは、肋骨の間を走る肋間神経が、刺激・圧迫により痛む症状です。原因は風邪・帯状疱疹、骨折・心臓の病気・ストレス等あげられますが、肋骨の近くに痛みがあることが特徴です。

胸に痛みがでたり、呼吸をすると痛い等が殆どですが、この肋骨の間の神経が圧迫されると胸と並んで背中にも痛みが走ります。

顔の上げ下げが背中の痛みに現れることが多く、肩甲骨の内側が突っ張るようになり痛みへと変化します。

この肩甲骨内側の痛みは、肋間神経が筋肉や骨にぶつかり起こるもので、首を回したり背中を伸ばすと強い痛みを感じるようになります。

だいたいは胸の辺りがチクチクしたりズキンと痛くなるので、「心臓の病気か?」と不安になる方もおられると思います。

心臓の病気になると、雑巾で絞るように痛むので広範囲・部分的である動作をすると痛むのは肋間神経痛と考えて間違いありません。

脇の下やわき腹辺りに痛みを感じる人は背中にも痛みを感じやすいようです。

 

一番の原因が、背骨の歪み・姿勢の悪さによっての筋肉の緊張です。猫背は、首から肩、背中が前に倒れてしまうので筋肉が絶えず全体的に引っ張られます。

最初から背中に出ることは少なく、肩こりが酷くなり背中が重くなっていくと、何かの拍子で背中に激痛が走ったりチクチク痛みを感じます。背中を捩った時に、ビシッと痛みが走るのも肋間神経痛です。

予防・解決策としては根本的な筋肉の緊張を作らない事が一番大切です。

肋間神経の通り道である脇から肋骨と背中の筋肉の緊張を作らないことが肋間神経痛を軽くするはや道です。

姿勢が悪くなる→筋肉が絶えず緊張→痛みの出現のサイクルは必ずです。

猫背→背中の筋が緊張→肋間神経痛・・気をつけていきましょう!!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP