「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

スマホやパソコンを使ったときに、指や手首が痛くなることはありますか?実は最近、腱鞘炎と言う症状がふえてまして、主にスマホやパソコンのキーボードをうったり、マウスの使い過ぎでなられる方増えています。腱鞘炎は放置すると痛みがひどくなることがあります。その腱鞘炎について今回書いていきますね。

 

腱鞘炎は文字通り、手の腱や腱鞘などに負担が溜まり、炎症が起こって指の付け根や手首が痛くなる症状のことです。この腱鞘炎は、最初は気にならない痛みでも放っておいて、悪化していくことが多いです。そうなると、ペットボトルのふたを開ける、ペンを握ると言った動作でも激し痛みを感じるようになってしまいます。その痛みは慢性化してしまって、最悪の場合、指や手首が全く動かせないほどの痛みとなる可能性があります。そして、腱鞘炎を予防するために大事なことがあります。それはこまめな休憩です。パソコンやスマホで手を良く使うときは、1時間おきに休憩をするようにしましょう。

 

当院では腱鞘炎の症状を診ていくにあたって腱鞘炎の腱とつながっている筋肉をしっかり診させていただいております。そして、その腱鞘炎での日常生活が送りにくくならないようにテーピングもしております。また、腱鞘炎の痛みに困っている方おられましたら、当院までお越しください!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP