「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は「膝と腰の関係」についてお話しさせて頂きますね。腰と同じくらい痛みが出やすいと言われているのが「膝」になります。

立ち上がりの動作や、階段の昇り、降り、正座をする時などに痛みが出ることが良くあります。

膝が痛くなる原因は、膝の周りの筋肉が縮むことによって膝の内側、膝の外側がよく痛くなります。その他には、膝関節の変形があります。これは年齢とともに膝の関節の軟骨や骨が変形して崩れてくるものです。

このように膝自体で筋肉の緊張や、関節での悪さが出ることが多いですが、中には膝の関節自体には問題がないのに膝に痛みを感じることもあります。例えば、正座はできるのに膝が痛む方です。このような方は腰に原因があるかもしれません。

腰に痛みを感じる時、お身体は無意識にその痛みから逃げようとして背中が丸まってしまいます。すると体重が前にかかり膝に負担がかかり、痛みが出る悪循環になってしまいます。

膝が痛い方の80%は腰が原因で膝の痛みが出ていることが多いです。このような場合は膝だけではなく腰の筋肉のバランスもとっっていく必要性があります。

当院にはお身体でお困りの利用者さんもたくさんおられますのでお気軽にお越しくださいね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP