「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

よく、膝の水を抜くことはクセになってしまいますか?という質問をされます。水が溜まるのは膝の関節に炎症が起きて関節液と言うのが溜まる症状です。今回は膝の水の事について書いていきますね。

まず、そもそも水が溜まるのは理由はいっぱいありますが、何らかの影響で関節に炎症が起きた後に関節液が作られます。この関節液は膝の炎症を落ち着かせるために出ているのですが、そのまま関節液の逃げ場が無くなってしまうと、そして膝が腫れてしまうと言うものです。

この膝の水が溜まるクセになると言うのは、水は抜いていても膝の炎症がおさまっていない方がクセになってしまいます。この状態が続いてしまう事で水を抜いては溜まってを繰り返してしまいます。ですので、根本的に解決をさせるのは膝を解決させるためには、炎症を落ち着かせないといけません。

この炎症が起こっているのは、膝への重心のかかり方が関わっています。すべての体重が膝に乗ってしまうともちろん膝の負担は強くなり炎症を起こします。当院では、B&M背骨歪み整体と言う施術をしております。背骨の歪みをなくして重心が膝ではなく、背骨に重心が乗るようにできます。結果膝の炎症が起こりにくくなります。ですので、膝の水が溜まってお困りの方は当院までお越しください。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP