「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

動き出しで膝の痛みにお悩みの方は結構いらっしゃると思います。当院へお越しになる方も膝の痛みを抱えて来られる方が多いです。今回はそんな膝の事について書いていきたいと思います。

まず、膝の痛みが出てくる状態は基本的には膝の軟骨がすり減ってきて、膝の関節が変形してから出られる方が多いです。変形が進んでしまうと歩くたびに激痛に悩まされることもあります。これが初期の段階では、朝起きてからの歩き出しや、椅子からの立ち上がり、歩き過ぎや深くしゃがんだ時の痛みがあらわれます。ただ、単なる膝の変形ではなく、関節リウマチによって膝の痛みが出ることがあります。歩きすぎで膝に痛みが起こるケーズもあります。炎症が起こっている場合です。膝に炎症が起こって関節の中に水が溜まります。この水は例えるなら、目にゴミが入ったら涙が出たり、風邪をひいたとき鼻水が出るようなものです。膝も使い過ぎるとクッションを出そうと水を増やしたり、水で悪い炎症を洗い流そうとして膝を守ろうとします。水が溜まるから痛いと言うわけではありません。

今回は主に膝の概念について書いていきましたが、痛みの出方は人それぞれですが、水が溜まればすぐに抜いて良いと言うものではありません。痛みをやわらげるために出してる場合もあるので、ご注意くださいね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP