「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は膝の痛みについて書かせて頂きます!!膝は一度痛みが始まるとどんどん痛くなるのが特徴です。膝の痛い方は特に、たまに痛くなる方やまだ痛く無い方も是非読んでみてください。スポーツなどでケガをして痛めてしまう以外の痛み方ですが、膝の関節を支える太ももの筋肉、大腿四頭筋(前側)・大腿二頭筋(後側)の筋バランスが崩れたりすると、緊張があると体の重さを支えることが出来なくなり、膝関節で体重を受け止めることになりその状態で日常生活動作を送る、その積み重ねで膝の痛みが起こります。ではその太ももの筋肉にどのようになって負担がかかるのかを説明させて頂きますね。日ごろのデスクワークや運転、座っている際はお尻の筋肉(殿筋)の緊張を作り出します。お尻の筋肉の緊張がある状態で歩行すると足を真っすぐ出しにくくなってしまい、ガニ股や足を外に向けたような状態で歩行することになります。その積み重ねでどんどん膝が外に広がってしまい変形が起こり、体重を膝で支える事になっていきます。ゆくゆくは炎症が起きてしまい激痛になります。そして歩行・運動をしなくなり太ももの筋肉が落ちてしまい膝だけで支えてしまうのです。一般的な病院や整骨院では膝関節自体に電気を当てたり、温めたりします。それも悪くはないのですが、歩き方や負担のかかり方は変わりませんのでまた時間が経つと痛みが出ます。必要な事は1、太ももの筋肉のバランスを整える事2、全身の筋肉のバランスを整える3、姿勢を良くする4、太ももの筋肉を鍛える5、体重を落とす。この5つで膝の痛みの悪化を防ぐことが出来ますので、まだ痛みが出ていない方も覚えててくださいね!!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP