「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

自律神経を呼吸法で調節できる方法があります!なにかと今の社会はストレスが多い生活になってきます。生活スタイルも夜型になっていってる傾向にあります。そうすると、自律神経のバランスが崩れてしまいます。今回は自律神経調節のための呼吸法を書いていきます。

 

緊張状態になっている時は、心を落ちるか深呼吸が効果的であることはよく知られています。呼吸を深くすると心がリラックスするのはなぜでしょうか?そのカギは自律神経のバランスの調整にあります。自律神経は自分の意志とは関係なく、身体機能を健全に保つために働いています。胃や腸、あるいは心臓が休みなく動けているのも自律神経が働いています。そして自律神経と言うのは交感神経、副交感神経というのがあります。交感神経と言うのは朝から夜まで比較的働いてまして、体を活発にさせる神経です。副交感神経は逆で比較的夜に活動させることが多くリラックスさせる効果を持ってます。

 

呼吸法は大別すると胸式呼吸と腹式呼吸があります。胸式呼吸は交感神経を活発にさせます。胸式呼吸は呼吸が浅くなって、短くなります。交感神経を刺激するようになります。短い胸式呼吸は吸い込んだ空気を肺の中にまで到達しないので血液循環が悪くなり、自律神経失調症を招いてしまいます。一方、腹式呼吸をすると肺の下にある横隔膜が上下運動をします。この横隔膜に自律神経が密集しているので吐く息を意識すれば、ゆっくりすると、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になりやすいです。腹式呼吸は全身に酸素がまわるのでしっかり休むこともできます。また、試してみてくださいね!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP