「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

自律神経とは、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間常時働き続けている神経のことで体の動かしてる時や昼間に活発になる交感神経と、安静時や夜に活発になる副交感神経があります。簡単に言うと車でいうところの、アクセルとブレーキになります。その2つのバランスが崩れるのが「自律神経の乱れ」です。不規則な生活・ストレスによって自律神経の働きが乱れると、お身体にさまざまな不調が現われます。

 

人間関係、不安による精神的なストレス、過労、事故、怪我、音、光、温度なども身体的なストレスとなって自律神経の乱れの主な原因になります。そのストレスが過剰になると自律神経のバランスが乱れます。私たちの体は一定の生体リズムに従って働いています。慢性的な寝不足や昼夜逆転、不規則な食生活など不摂生を続けていると、生体リズムが狂って自律神経のバランスを乱す原因になります。

精神的なストレスや過労が引き金となって自律神経が乱れ、心や体に不調があらわれた状態です。不安や緊張、抑うつなどの心のトラブルにより、吐き気をはじめ多汗、全身の倦怠感、頭の痛み、肩こり、手足のしびれ、動悸、不整脈、めまい、不眠などの症状があらわれます。あらわれる症状は人によって大きく違うのが特徴です。

自律神経は背骨から各器官に伸びています。中でも首の背骨の一番上から出ている自律神経は頭・目・耳・喉・胃腸をはじめとする消化器官全般、血圧などに関係します。そのなかで、副交感神経の「迷走神経」が上手く働けなくなると症状はかなり広範囲に及んでしまいます。背骨の仙骨からも副交感神経が出ており、仙骨が歪んでいると生殖器等などに影響がでてきます。

交感神経は主に胸椎・腰椎から出て各内臓に対して伸びています。背中の真ん中あたりの背骨が歪むと胃の調子が悪くなったり、背中の上の方の背骨が歪むと気管支に影響が出たりします。

解決策としては背骨の歪みを取り除き、歪みの原因となる筋肉の緊張が強くなる前にすぐにとっていく、疲れを溜めないようにしていき、自律神経の働きのバランスを良くしていくことが一番大事になってきます!!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP