「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

血流が良くなると今よりも体の状態は良いものへと生まれ変わります。まず、血流は血液の流れなのですが、この流れを悪くするのは多くの原因があるのですが、有名なのは血中コレステロールの値です。この濃度が上がればその分、血液循環が悪化するため心臓で送り出される新鮮な血液が短時間で体のすみずみに行き渡らないのです。新鮮な血液ほど血液中に酸素や栄養素がふんだんに含まれているので、例えば身体で傷んだ組織や線維に栄養を送ることで回復力を高めることができるのです。この良い血流であればあるほど体がケガをしても回復しやすいです。

筋肉も痛みを発してしまうと、筋肉の線維を守ろう力を入れてしまいがちです。すぐに柔軟性のある筋肉に戻れれば良いのですが、体が緊張しすぎてしまうとうまく力が抜けきれないです。この状態が長時間続いてしまうと、血流が悪くなり、筋肉も冷え込んで血流不足に陥ってしまいます。痛みは血液によって流れるのですが、流れが悪いことにより痛みは残りやすく、さらにその痛みから身を守ろうとするため筋肉は緊張を高めてしまうのです。

悪循環に陥ってしまうと筋肉は疲れをため込みやすくなってしまうため血流状態はよくする必要があります。

まずは食事に気を使ったり運動してあげたり身近にできる事からしっかりとしていきましょうね!

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP