「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

寒さもまだ残っていますが、皆さんは朝起きた時に足がつってしまう事はないでしょうか?今回は足がつってしまう原因について書かせて頂きます。

利用者さんも足がつると仰っていますが、大概の方は朝起きて伸びをした時につってしまうと仰っていました。発生の仕方としては合っています。原因はいくつかありますが、一つの原因として疲労が挙げられます。歩くという動作でも小さな疲労が溜まっていきますが、その小さな疲労も溜まっていくと大きな疲労に変わっていきます。

疲労が溜まっているという事は、筋肉も緊張しているという事なのです。緊張しているという事は筋肉も伸び縮みが出来ない状態です。寝ている時はもちろん無意識です。更に起きた直後はまだ脳もはっきり起きていない状態です。その状態で足の関節やふくらはぎに無理な力が加わると筋肉もそれに対応できずにつってしまうという事です。

当院は全身の筋肉を施術していますが、足全体の筋肉の施術も行っております。筋肉にしっかりとアプローチしてあげる事で、血行が良くなり柔軟性が増してきます。柔軟性が増してくると、前述の無理な動作をされたとしても伸び縮みが出来る状態なので、朝足がつるという現象も徐々に無くなっていきます。お身体でお困りの際は一度当院までお越し下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP