「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんは足のむくみを感じたことはありますか?むくみは血液の流れが悪い時によく足に起こりやすく、見た目は少し腫れたような感じで不安に思われる方が多くいらっしゃいます。今回はそのむくみがどういったメカニズムで、何故血液の循環が悪いとむくみが起こるのかについて書かせて頂きますね。

 

足がむくみやすい原因の一つは重力です。地球では重力がありますから、血液も足の方に行くのはスムーズです。しかし足に行った血液が心臓の方に戻っていくときには、重力に逆らうことになりますので、血液の循環が悪ければ帰っていく力も弱くなり足に溜まりやすい状況が出来てしまいます。

 

この状態を脱して血液を心臓の方に返していくにはふくらはぎのポンプ作用を上手く利用する事が大切です。ふくらはぎは第二の心臓と言われ、筋肉を動かした時に一気に多くの血液を返す事が出来るのです。一番簡単なのはウォーキングです。歩く事でふくらはぎの筋肉を動かし、血液の流れを良くしていく事がむくみの解消に繋がります。その他にストレッチや筋肉の施術で血液の流れを良くすることも重要です。

 

当院では筋肉の施術を行い、血液の流れを良くしてお体を楽にするお手伝いもさせて頂いています。冷えやむくみなどの症状に対して悩んでいらっしゃる方も楽になっていますので、そのようなお悩みの方も一度当院までお越し下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP