「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

今回は足の筋肉の意外な重要性について書かせて頂きますね。血液は心臓の働きによって全身に廻っていき、酸素や栄養を運びます。心臓から出た血液は静脈を通って心臓にかえってきます。その静脈は重力に逆らって心臓に上がっていくのでかなりの力が必要です。実はその心臓に血液を押し返す役割を担っているのが足の筋肉です。足の筋肉とは、特に「ふくらはぎ」です。ふくらはぎや足の筋肉がポンプのように収縮して、血管を圧迫することで心臓に血液をおくりかえしています。これをポンプ作用といい、ふくらはぎは専門家の中でも別名「第二の心臓」と言われています。この第二の心臓の働きは、筋肉に余計な緊張、筋力が衰えるとそのポンプ作用は弱くなってしまい、全身の血液循環が悪くなってしまいます

。腰の疲れや肩の疲れがある方も疲れが取れにくい原因となってしまいます。足の筋力が強い方や柔軟性のある方は、少し歩くだけで全身血液循環が良くなり温もったりする方もいらっしゃいます。そういった方はお身体の疲れを抜く武器を一つ持っているわけです。常に柔軟性を保つためにはお身体を

冷やしてしまわないようにすることと、姿勢を良くして第二の心臓の緊張を作りにくくしていかなければなりません。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP