「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

皆さんは歩き疲れて足の裏が痛くなったことはありますか?靴の中で足に遊びがある場合や、足に負担がかかりすぎて徐々に痛みが出てくる場合など様々な原因が考えられますが、今回はそんな足の裏の痛みについて書かせて頂きます。

 

足の裏には土踏まずと言われる地面に着かない部分があります。ここには骨でできた橋のアーチがあり、それによって足がべったりつかない仕組みになっています。しかしこの橋で出来たアーチが崩れて地面にべったりついてしまうことがあります。偏平足と言う言葉は聞いたことがありますか?まさに橋のアーチが崩れてしまった状態です。なぜこうなるかと言うと、一つの原因として背骨の歪みが考えられます。背骨が歪む事で上半身の体を支える大黒柱が崩壊するわけですから、その分が下半身や足の裏に負担が乗るのは容易に想像できるかと思います。足の裏が痛い原因が足にあるとは限らないですし、やけに疲れやすいなとか痛くなりやすいなと言う方は、足のアーチが崩れて足への負担が大きくなっている場合もありますから、一度施術を受けに行って足への負担を軽減させましょうね。

 

当院では背骨の整体施術も行っていますし、色々な体の悩みを抱えてらっしゃる利用者様も、施術を受けることで、楽になったと仰っていただいています。今、身体の事で悩んでらっしゃる方にも楽になっていただきたいので、一度当院までお越し下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP