「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

歩きたくても足の親指が痛くて歩けないという方おられますよね。特に40代から60代の女性に多いです。その足の親指の痛みを軽減させる方法があります。ズバリ歩き方です。今回は足の親指が痛い時の歩き方について書いていきます。

まず、足の親指が痛くて悩まれている方はスリ足のように歩いてしまって足の筋肉をあまり使わずに歩いてしまっている方が多いです。足の構造上、縦にも横にもアーチ状になって骨が繋がって関節が出来ています。そのアーチが崩れてしまうのも痛みの原因です。

それに対して良くさせる歩き方としては足を踵から着地させた後に足の裏、足の指に体重の重心を移動させて行うと本来歩くときに使うべき筋肉がしっかり使えて尚且つ、アーチも崩れにくくなります。こちらの歩き方で一番大事な事は、足の指全体に最終的に体重が乗り、足の指の筋肉に負荷をかけることが大事です。

いかがでしたか?歩いている時に意識をしながら歩くのはなかなか難しい事かと思います。最初のうちは指に多少の痛みを感じる方もおられますが、この歩き方をしているうちに徐々に痛みがなくなってくると思います。この歩き方をする時は靴もウォーキングシューズで行う事をおすすめします。ぜひおためしください。

 

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP