「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

運動しやすい時期になってきましたね。そこで運動を始めやすい時期のなか普段運動をしない人が急に運動をすると足裏が歩くたびに痛みが起きると言う方が利用者様にいらっしゃいました。

歩くたびに足の裏のかかと周辺に激痛が走る朝起きた直後の1歩目が特に痛い等の症状は足底筋膜の炎症の可能性があります。足底腱膜は足裏のアーチを支え地面からの衝撃を和らげるとともに前に進む力を生みだしている。ところが、強く引っ張られたり、足を着地した際の衝撃が繰り返し加わったりすると、足底腱に微細な亀裂が入り、炎症がおきて痛みが出ます。

運動ではマラソン、仕事では長時間の歩行や立ち仕事で痛みが強くなりやすいです。

もちろん老化等も原因となり得るのですが、起こりやすい人に共通するのは扁平足。足底「土踏まず」のアーチが低くなっている方が最近非常に多くいらっしゃいます。足裏のアーチが低いため足底筋膜が常に引っ張られ,腱が付くところに負担が掛かりやすい。さらに1度痛みが出ると悪循環に陥りやすい。

放っておくと痛みが増すばかりの為早めに当院の施術としてはまずトリガーポイント療法で筋肉自体の伸縮性を獲得します。その後ストレッチなどもしっかり行っております。
痛みが強くなったり、痛みはあるがどうしていいか分からない方は当院に何でもご相談下さい。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP