「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

足の痛み(足底筋膜炎)は 一般的に数カ月から数年で治るといわれますが、個人差がとても大きく10年以上痛みが続いているという方や、痛みが激しいために足を着くことができず歩くことができなくなり車いすで生活されている方もおられます。この痛みは大きく分けると急性痛と慢性痛の2つ【急性期痛】【慢性期痛】に分けることができます。同じような痛みの質をもっていてもこの二つでは全く異なる身体の痛みの状態ですので対処法や効果的な施術方法も変わってきます。 急性期痛とは捻りや打つような怪我の事を意味します。急性期痛は細胞・組織の損傷もしているので、アイシングなどの応急処置が大事になります。慢性期痛とは痛みがある身体の部分に損傷はなく、自律神経などが起こす筋緊張・組織の緊張によって他の部位から患部が引っ張られ、刺激されることで痛み出現するため、安静時には痛みが出にくいのが特徴です。急性期痛とは違い症状の軽快は様々で数か月から数十年かかるようなケースもあります。多くの場合痛みが出てすぐにアイシングと筋肉への適切な施術を受けておくことで痛みの軽快までにかかる時間は短くなってきますのでもし足に痛みがでた場合は早期のうちに施術を受けておきましょう。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP