「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善

仕事や勉強などを長時間続けていると怠さや倦怠感が出てきますよね。ただ、特に何もしていないのに、疲れやだるさを感じることもあります。休暇を取ることで回復するのが基本ですが、休んでも疲れが取れず倦怠感がいつまでも続くと言う場合は思わぬ病気が潜んでいることもあります。今回は身体のだるさについて書いていきます。

まず、原因としては肉体疲労があります。休めない日々が続き寝不足も続くと体に疲れが溜まって、ダルさや倦怠感が出ます。スポーツした後に倦怠感やダルさが出ることもありますが、スッキリする方もおられます。ただ、仕事や家事で自分の意思に反して休めていない時は肉体疲労に精神疲労もプラスされるのでスッキリせずにだるさが出ます。十分な回復が必要となります。

休息の方法は質の良い睡眠をとることです。質の良い睡眠を作るには夕食は寝る3時間前までに済ませること、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かる事、就寝前はテレビやスマートフォン、明るすぎる照明など強い光を避けること、目覚めたら朝日を浴びて、夜に自然に眠気が出るようにする事です。

こちらの方法を試して頂いて身体のだるさがどう変わるかを、見て頂いてそれでもだるさが続くと病気が潜んでいることもありますので、その際は病院などに行ってみてくださいね。

「寝屋川駅前整骨院」で痛みやシビレを根本改善 PAGETOP